扇風機を上手に利用して節電に努めましょう!

2011年06月16日

扇風機

暑い季節には扇風機はかかせません。


気温が上がった日には扇風機だけではおいつかないこともありますが、
ちょっと涼みたい場合に扇風機は重宝します。


扇風機とは、
扇風機に設置されている羽根によって風を起こす道具のことで、
主に冷やすために使われている電気製品です。


壁に取り付けるタイプや天井タイプ、卓上タイプなど
様々な種類の扇風機が販売されていますが、

床に置いて使用するタイプが多くの家庭で使用されています。


電気を使用して動く扇風機は、アメリカで19世紀に販売されるようになりました。

日本では1894年に
東芝と呼ばれるようになる前の芝浦製作所で販売されるようになりました。


今では扇風機よりもエアコンを使用する家庭が増えてきましたが、
決められた位置に設置する必要のあるエアコンに比べて、
扇風機は持ち運びも簡単な上、
窓を閉め切らなくても涼しい風を受けることができ、
格安で購入でき、電気料金も安いなど様々なよい点を持っています。


今ではエアコンが当たり前になっていますが、
扇風機は以前は家ではもちろん、
お店や鉄道、バスなどの交通機関などで使用されていました。


そして、扇風機に使われている羽根も3枚タイプのものがほとんどですが、
4枚タイプや6枚タイプのものも存在します。


さらに、今ではただ羽根を回して風を出すだけでなく、
マイナスイオンを発生させる機能がついたものや、
リズムで風を送るタイプ、
1/fゆらぎタイプ、
睡眠を妨げないおやすみ風を送るタイプ

など様々な種類の扇風機が販売されています。




posted by 扇風機ナビゲーター at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 扇風機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。